全国どこでも24時間365日受付対応!航空会社を一括比較!

さくらトラベルスタッフの国内搭乗レポート

福岡空港 ⇒ 東京/成田空港
=Jetstar/ジェットスター=

みなさん、こんにちは(*^_^*)
さくら子です♪
さていよいよ今回の旅も最後のレポートになります。
それでは、5航路目である「福岡空港 → 羽田空港編」をお届けしていきます。
それでは、レポートSTART!!

福岡空港 ⇒ 東京/成田空港

使用した便
便名:
ジェットスター GK506
座席:
27F
出発:
福岡空港 2015/05/10(日) 13:35
到着:
東京/成田空港 2015/05/10(日) 15:25

チェックインから搭乗まで

☆チェックイン☆

チェックインカウンターは第1ターミナル1階の奥にあります。
この日はとにかく福岡から成田行きの便を利用する人で混んでいてチェックインカウンターにも行列が!!

はじめ、チェックインする人の列かなって思っていたのですが、この行列はチェックインをする人の列ではなく、手荷物を預ける人の列だったようですね。
何でそんなこと分かるのかって?
答えは単純です。カウンターの奥にある自動チェックイン機が閑散としていたから!!
ほらね(笑)

いつものように画面の指示に従って予約番号を入力するだけ♪
もう、Jetstarは何回も利用しているのでオチャノコサイサイです♪(← 古い(笑))

福岡空港第1ターミナルは第2ターミナル等に比べると比較的小さいので空港内で迷うことなくチェックインから搭乗までスムーズに行えますよ☆

☆出発口☆

出発口は2階にあります。

時間ギリギリに出発口にいると混んでいるときは間に合わなくなってしまう恐れがあるので時間には余裕を持って行って下さいね!
実は、さくら子写真を撮ったりして空港内をまわっていたから危なく乗り遅れそうになって焦っちゃいました(/_;)

☆混雑している待合室☆

この日は日曜日ということもあり搭乗待合室はとても混雑していました。

☆搭乗開始☆

優先搭乗 ⇒ 後方座席 ⇒ 前方座席の順で搭乗開始。
機体へ向かう途中、窓から機体が見えるので、飛行機が好きな方などは是非チェックしてみて下さい♪

オリエンタルエアブリッジの小型機に乗っていたこともあり、Jetstar の機内がとても広く感じます!
座席も、オリエンタルエアブリッジが片側2席なのに比べてJetstarは片側3席ですからね☆

しかーし、座席間隔はオリエンタルエアブリッジとあまり変わりはないかもしれない(+_+)

☆機内食☆

Jetstarは予約時に機内食を頼めるので、さくら子は「柔らかチキンのカレー」を頼みました☆

事前に客室乗務員さんから機内食についての確認があるのだけれど、他のお客さんがいる所で名前を呼ばれるのにはやっぱり抵抗があるな(/_;)
仕方のないことなのかもしれないけど、何か名前を呼ばないで対応してもらえる方法はないのかな?

機内販売STARTした後に温められた機内食が席に届けられます。
お水がサービスで付いてきます☆

さて、被さっているアルミホイルを取ってみると...

カレーのいい香りが(*^。^*)♪

ご飯はタイ米の中でも最高級品と言われているジャスミンライスです。
ジャスミンライスと言うとジャスミン茶の香りがするの?と思う人もいると思いますが、違います!
ジャスミンライスとはモミが白く、ジャスミンのようなことからジャスミンライスと言われているのです!
実際に炊いてみると分かるのですが、炊きあがり時に香りがすることから別名「香り米」とも言われています。さくら子、知ってはいたけれど食べたことはなかったので、ジャスミンライスを食べることが出来ることが出来るということもあり、今回「柔らかチキンのカレー」を選択しました。

まず1口目はカレー。
少しピリッとした辛みを感じました。続いて、カレーに入っている鳥もも肉。メニュー名に「柔らかチキン」と入っているだけのことはありますね。とても柔らかくて食べやすい♪
そして、野菜を食べていよいよ気になっていた「ジャスミンライス」
「あっ、美味しい♪」
少し香りがあるのを感じました。カレーとの相性が最高にいいです♪
実は、タイ米ということで失礼ながら以前日本で輸入して売られていたタイ米みたいな味なのかなと勝手に想像していたんです。さくら子、そのタイ米を食べたことがあるのですが、あまり美味しい印象は持っていなかったから、全くの別物だとはっきり感じました!さすが、最高級品のタイ米なだけあります!!

美味しくてあっという間に完食☆ごちそうさまでした♪

☆初めて恐怖を味わったフライト☆

ご飯も食べて眠くなったさくら子、少し仮眠をとっていたら機体がものすごく揺れ始めたんです!!なんでも、気流の関係で揺れが生じているとか。今まで何回も飛行機に乗ってきたさくら子も初めての揺れの大きさに恐怖を覚えました(/_;) 写真だとあまり分からないかもしれませんが、機体が斜めになったりしていました(+_+)機内アナウンスで「問題ありません」って言っていたけれど、怖くて全く安心出来るわけもなく(*_*;)最終的には問題なく成田空港に到着したから良かった(´ノω;`)

成田空港第3ターミナル

2015年4月8日にオープンしたばかりの成田空港第3ターミナル。オープンして以来1度も来たことが無かったので、今回の旅の楽しみの1つでもあったんです♪とにかく手荷物受取場が広くて綺麗だったのが印象的でした。

出口の案内に従って進むととっても広いフードコートが現れ始めます。ものすごい数の人・人・人!!混雑していてさすがに立ち寄る元気もなかったからまた今度利用したときに行けたらいいな(^v^)

同じ階には「バニラエア」や「春秋航空日本」のショップがありました。

Jetstarのショップも空港初出店しているのですが、出発手続きをした人だけが行けるエリアにあるので今回は行けませんでした。残念(/_;)

こういうショップがあると機内で購入するのが恥ずかしいっていう人でも購入しやすいからいいですね♪
とにかく第3ターミナルは新しいこともあり、とても活気に満ちあふれていました!!

☆第3ターミナルから第2ターミナルへ☆

第3ターミナルには鉄道は直接通っていないので鉄道を利用する際には第2ターミナルまで移動する必要があります。 では、第2ターミナルへはどうやっていくのでしょうか?とりあえず、案内に従って進んでいくと看板がありました。

どうやらターミナル連絡バスを利用するか、630m程歩いて移動するようですね。
さくら子、ターミナル内から使用されている床が気になっていたのもあって、疲れていたけれど徒歩コースを選択。

さくら子が気になっていた床。
まさに陸上トラック!
学生時代陸上部だったさくら子、走りたくてウズウズしていたのはここだけの話し(笑)

☆経費削減が生み出した個性的なデザイン☆

後で調べて分かったことなのですが、第3ターミナルを設計するにあたり、ローコストで行うことが前提条件だったようです。よって、第3ターミナルには様々な工夫がされており床を陸上トラックに見たてたのにも理由があったのです! とても経費のかかる電光掲示板。ゴムチップ製の床材を採用することにより、ブルーが出発、赤茶で到着を表示させるなど導線を明確させることにより電光掲示板の案内を最小限にしてコスト削減を成功させたそうです。
そして、第3ターミナルには他のターミナルにはある動く歩道がありません。それを前向きにとらえてもらえるようにいかに機能的かつ、楽しめる感情として存在させるかが大きなポイントとなり陸上トラックのようなデザインになったとのこと。ゴムチップ製の床は足への負担も少ないので第3ターミナルから第2ターミナルまでのおよそ15分の時間が全く苦に感じることもなく、疲れにくかったように感じます。所々にあと何メートルという表示がされていたり、疲れたら休憩できるポイントも何箇所かありました。

工事してくれた方の配慮がとても詰まっているターミナルでした♪
さて、いかがでしたでしょうか。
これで今回の旅のレポートは全て終わりになります。
今回も少しでも皆様の旅のお手伝いが出来ていたら嬉しいです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
それでは、また次回お会いしましょう(^v^)
さくら子。

これは便利

ネットで簡単予約 24時間受付中!

全国発着OK!いますぐ検索!

出発日  月  日

出発地

到着地

ページトップへ